「誰かと話したくなったらそっと開く本」e-book発売中!
ココロノマルシェ

【ココロノマルシェ】女性性による癒し方について

yukanee

ココロノマルシェに寄せられたご相談

はじめまして。
アドバイス頂けたら幸いです。

今回アドバイスいただきたいのは、女性に求められる癒しについてです。

私には一回り以上年上の恋人がおります。
元々職場が同じだったのですが、彼は恋人になった後も、
職場と同じ常に男性性バリバリの戦闘モードで対応してくるのです。
常にピリっとした空気を纏い、心からは安らげていない様子で、こちらの意見を受け止めずに反射的にはね返すような…。
彼の職場は気を抜いたら精神的にまいってしまう所で、常に気を張って闘うことが無意識のうちに癖づいてしまったようです。

元々子供っぽい武闘派女子である私ですが、なんとか彼が鎧を脱いで心安らげるようにと「好きだよ」「ありがとう」「あなたといると楽しい」などと言葉で伝えるようにしているのですが、まずその言葉をスルーされ、受け取ってもらえず!
受け取ってもらえたとしても、「わかったわかった笑」と流される始末…。
行動でも色々と嬉しさや楽しさを表現しているつもりですが、「子供か笑」と笑われ。

これは癒やせてるのかしら?と思いつつ、2人の時も彼が戦闘モードであることを彼に伝えたら、
「色々考えさせられるけど、なんか仕事のやり方を否定された気分。」
「いつもみたいに能天気でいてくれた方が癒されてるよ?」
と言われ…。

彼は趣味もあるし、行動的で、一人で生きていけそうなタイプで、時々「私が一緒にいる方が負担になるのでは…?」と思ったりもするのですが、
頼りになるし、喧嘩の時も感情的にはならず私に寄り添ってくれるし、尊敬するところも大好きなところもたくさんあるのです。
私自身も女性性をあげたいし、女性性による女性らしい癒しをあげたいなと思うのですが、まず女性らしい癒しってなんだろうかと…。
時々穏やかそうな顔も見られるし、楽しそうな笑顔も見られるけど、恋ってこんなにピリピリしたものだったっけ?と、ここ半年程ずっとモヤモヤしています。
彼に何か指摘してはいけない、感謝や好意の言葉は受け取られにくい、でも私との時間は癒しであってほしい。

私は何から始めればよいのでしょうか…?

くももさん

女性性についてどんなイメージを持ってますか?

ゆか姐
ゆか姐

姐さんカウンセラーの根本 ゆかです。女帝マインドから見た回答をお話ししております。

今回のご相談である、男性性が強く自立心の強い彼氏に対して、女性性で癒してあげたいというお気持ちは、とても素敵だなぁと感じました。

きっと、その緊張感や職場での張り詰めた防衛本能を緩めてあげたいと思われたんだろうと思います。

そしてすでに、彼に対していろんなアプローチを行なっているというところから、くももさんがとても愛情深い女性なのだろうと思います。

ここで、彼からみたくももさんの魅力について、私の見解を少しお話しさせてください。

くももさんはご自身で「元々子供っぽい武闘派女子」とおっしゃられておられますよね?

そして、彼の「子供か笑」という返し。

ここにご自身の今回の答えが隠れていると私は思うんです。

そう、つまりは、ご自身の「子供のような無邪気さ」や、「天真爛漫さ」が、彼の心を和ませていると思うのです。

子供の純粋さはとっても癒されるということは、わざわざ説明するまでもないとは思うのですが、それを魅力的な自分の彼女が「自分にのみ向けて、愛情表現として伝え続けている」なんて事実は、自律系男子諸君に受け取れるわけもないくらい素晴らしい愛情表現だと思うのです。

だから、彼も照れ隠しのように「子供か笑」とおっしゃられたのではないかなぁと思います。

ありがたいなぁと思う反面、そこまで感情をオープンにできない男性は多いもの。

ただ、その愛情が届いていないわけではないと思います。

つまり、くももさんはそのままでいいということになるんですね。

そのままの天真爛漫さからくる純粋な愛情表現を彼も求めているだろうし、ただ女性より感度が鈍いというだけだと思うのです。

そこで、どうしたらいいのか?という話に移ります。

私はそのまま、愛情表現を続け、且つ甘えるリーダーシップを取ればいいと思うんです。

つまり、甘え方を知らない男の子に、こんな風に甘えたらいいんだよ?と教えてあげるイメージです。

引っ越してまもない小学生くらいの男の子に、

同い年の女の子が街を案内する様に、一緒に楽しみながら、ここはこういう公園があるよ!、ここにはこういう遊び場があるよ!と、教えながら一緒にブランコに乗ったり、ボールを投げたりして、きっとその女の子も楽しんでしまおう!とすると思いませんか?

イメージ的にはそういう感じです。

その時に、中学生くらいのお姉さんが案内役として、この公園は遠いから自転車でみんなで遊びにきても、ちゃんとルールを守ってここに止めて遊びなさいね!とか、ここは危ないからあっちにいきましょう!というリーダーシップだと、おそらく男の子は途中からつまらなくなるのだと思うんです。

彼が好きなのは、自分の心に自由さを与えてくれる人だから。

先程でいうところの一緒に遊べる女の子の方なんですよね。

普段から緊張感を抱えている人がバランスを取るとしたら、その緊張感を和らげるものであることは想像しやすいと思います。

ただ、そこで、緩ませるのか、一緒に楽しむのか。それは人それぞれに違います。

そしておそらく、くももさんの彼は一緒に楽しみたいのではないでしょうか?

だから、くももさんの天真爛漫さに魅力を感じておられるのではないか?と思います。

なので、今回女性性として癒すというよりは、その天真爛漫さを活かして、彼の心に自由さを取り戻すということがいいのかなと思います。

くももさんが、自由に振る舞うことで、彼の中で普段禁止されている自由に許可が出る、くももさんの前では自由になっていいのだと思えるのだと思います。

是非、ご自身の魅力を信じて、与えて差し上げてください!

ゆか姐に自分の場合はどうかな?と聞いてみたい!
ココロノマルシェで他のお悩みもチェックしたい!
こちらの記事についてのご質問ご感想はこちらから

お問合せ

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
記事URLをコピーしました