「誰かと話したくなったらそっと開く本」e-book発売中!
ココロノマルシェ

【ココロノマルシェ】終わらせたのは私なのに、心の整理がつきません。

yukanee

ココロノマルシェに寄せられたご相談

一昨年、主人と離婚致しました。
ひとつ年下の主人と連れ子ふたりのわたしとの再婚で、入籍まで5年、出会って12年目でしたが、私が一方的に離婚届けをだしました。主人の、家庭を持っているという責任感や経済的危機感のなさに疲れ果て、決断いたしました。

しかしながら、主人は出ていかず同居は続けていたために、やはりまた愛情が戻り、主人の希望により昨年の8月に再度籍を入れやり直すことになりました。

長男は今年15歳、次男は13歳になりますが(一緒にいはじめたのは6歳と4歳でしたが)主人も自分の子どもができれば責任感がかわるのではないかと思い、不妊治療もいたしましたがデキず、結局主人に子供を抱かせてあげることは出来ませんでした。

私の中では、私の連れ子という遠慮が常にあり、経済的に苦しくても、私が頑張って生活費を稼ぐのは仕方がないと思っていました。職人である主人は収入のムラもありましたが、家族を抱えて不安ということはなく、お金が足りなければ私を怒鳴り付け金を無心するような場面もありました。

昨年、私の母に癌が見つかり、手術をするような機会がありましたが、手術当日、平日に仕事の休みをとっていた私は、母の病院に向かおうと家を出たところ、仕事でいるはずのない主人の車と道ですれ違いました。主人は私に全く気づく気配がなく、私は嫌な気配を感じ主人の車の後をついていきました。そうしたら、風俗街の駐車場で、主人の車を見つけました。夜になり、問い詰めるとそんなところへは行っていないと怒り始め、写した主人の車の写真を見せると、友達の家に行った、と二転三転。私は激昂しましたが、よくよく考えると、私は見ず知らずの男の子どもを産んだ経歴のある女。責められるものではないかもしれないと、我慢というか、飲み込みました。しかしながら、母の一大事の日に風俗に行く非常織な男という傷は私の中に深く残りました。

今年に入り、コロナ離婚という言葉が世の中を賑わせていましたが、我が家は私の仕事が暇で帰りも早くなったため余裕ができたのか、家族揃ってとても楽しい時間をたくさん過ごすことができていました。とても仲良しな家族でした。主人のお父さんお母さんとも年初めには旅行に行ったりととても関係はよかったです。
それが、自粛解除となり忙しい普段の生活が戻ると、6月末から7月に至っては喧嘩が絶えず、主人と一言も口をきかない日々が続きました。

原因は、子どもたちふたりとも中学生となり、食費も塾代も上がる中、わたしが生活が苦しくても、生活費を上げてほしいと言えずひとりて苦しんでいたこと、主人は独身のように欲しいものを買い、自由に飲みに行き、お金の話をすると俺から金をむしりとろうとすんな❗️と怒鳴り散らすことが多くなり、口を開けば怒鳴られるため私は主人を避けるようにして1か月ほど経ちました。

このままではいけない、話し合いをしなければと思い主人と2人で話し合いをした結果やはりお互い大切で、温かい家庭を作っていこう、これからも頑張ろうと思い直すことができました。

なのに、そのたった2日後に、何か主人の腹の虫の居所が悪かったらしく、私が仕事から帰るととても機嫌が悪く、子供たちのしつけができてないと言うことで大きな声で子どもを怒鳴り散らしていました。しつけとして怒るにしても言い方があるのではないかと言ったところ、俺がしつけをしようとするといつもお前が口を挟んでくると言い、息子たちにも聞こえるような大きな声で、「どうせ俺の子供じゃないからな!」と怒鳴られました。

子供部屋を覗くと、次男が布団をかぶり泣いていました。私は主人に対して、「もう私たち3人のことを見捨ててくれていいです、もう出て行ってください」と泣きながらお願いをしました。

主人と出会って10年以上が経ち、子供たちと一緒に暮らすようになっても7年が経っていました。下の子にすれば前の主人を知らないため主人が父親という存在であったと思います。それなのに俺の子供ではないと言う言葉は、私の中では相当傷つき、それに対して何か会話を持とうとするとさらにまた怒鳴られると言う状況でした。

怒鳴るという行為が寂しさから来るものだったとしても、私には怖くて耐えられませんでした。
私には、一緒に生きていくと言う選択肢はその時点ではもはや持てず、数日後、主人がほんとに終わりでいいのか⁉️と話し合いをもとうとしてくれたにもかかわらず、書いた離婚届をすぐさま出しに行っていました。

その2日後、主人は私が仕事でいない日に、荷物をまとめて出て行っておりました。最後に何を話したかも最後の主人の姿すらも覚えていないほど一気に出て行ってしまいました。

私の携帯はつながらず、LINEもブロックされ、どこに越したのかもわからず、ポストに鍵が返されていました。
実際に居なくなってしまうと、言葉にできない感情、寂しさ、痛さ、ツラクテツラクテ。

思い出せば涙が自然と出て来て、食べれない、寝れない。子どもたちの前では自然にしていますが、出かけてしまうと涙が止まらず、人としての生活が全く送れずでした。1か月で6キロ痩せ、ただとにかく寂しくて仕方がありませんでした。

主人のお母さんには、なぜ届け出を出す前に相談をしてくれなかったのかと泣いて怒られました。私の母は、これだけ一緒にいてその言葉を言われたら決心するのも仕方がなかったんじゃないかと言われました。友達の誰に相談しても、私の決断は間違っていなくて、今までの彼のしてきたことを含めて、この決断は正解だったと言われます。

私も正解だったと思っていますし、もし戻ったとしてもまた同じことを繰り返すのは目に見えています。けれども、いままでいろんなことを乗り越え、許し、受け止めてきたことが無駄になってしまったことが、自分の決断だったわりに、ただ寂しくて寂しくて寂しくて。

けれど、しばらく経って、なんと主人は家から自転車で5分のところにアパートを借りていたのを偶然見つけました。家のどこを探してもこれ見よがしに置いていきそうな結婚指輪もみあたらず、息子たちとのLINEはブロックしていないというところで、私としてはいずれ元に戻るつもりがあるのではないかという期待を持ってしまっておりました。

しかしながら、道路から見える主人の部屋には、帰っているはずの主人の姿がないことの方が多く、私の女の勘ですが、すでに寝泊まりさせてくれるような女の人がいるような気がしておりました。
その後しばらくして、主人が近所の行きつけの飲み屋さんに嫁さんと別れましたと報告し、新しい彼女を連れて挨拶にきたと聞きました。家を出てからたったの1ヵ月です。

今から思えば、家を出るときの迷いのなさを考えると、その時にはもう支えとなる女の人がいたのかもしれません。
私への当てつけなのではないかとか、やはりなんだかんだ言っても10年は大きく、戻ろうという気持ちがあるのではないかという期待を持っておりましたが、久しぶりに来た主人からのLINEは、もう終わったので迷惑なので連絡しないでください、実家の親にも迷惑なので連絡しないでください、これ以上嫌いにさせないでください、離婚届けを出された日に全て終わりました、と言うものでした。

生育歴も似ていて、若い頃に荒れた生活をしてきた主人は、連れ子がいながらも、私と家庭を持ち、家族を持てて両親に親孝行してきたこの12年はとても幸せなものだったと思います。
私たちはとても幸せでした。
本当に、これで終わりなのでしょうか?
もし、主人が連れて歩いた彼女が本気で好きな相手であり、主人の子供を産んでくれるような機会があるならば、それを応援するべきだとは思います。
頭ではわかっているのですが、この10数年間の思い出が多すぎて、心が痛くて痛くて痛くて、
私が決心したことですが、
こんなにつらいなんて、、、。

どのようにしたら、前を向いて歩けるのでしょうか?
生活もあるため、土日もなくバイトもはじめました。体力的にも精神的にも、全力です。
これが、わたしが求めていた生活なのか?
涙がでます、
この先私はどのように生きていったらいいのでしょう、
いままで、どうやって生きてきたのかも見失いかけています、

昨日、主人と彼女であろうひとを遠くに見かけてから、私はこんなに苦しんでいるのに、主人はもはや独身を謳歌し、背負うものもなく楽しく生きていると思ったら、めまいと、口から心臓が出てくるのではないかと思うほどの動悸がおさまりませんでした。

一緒にいたときはいたときで悩みも尽きませんでしたが、それでも、あの生活はしあわせだったのかもしれないとか、
けれど、子供たちは怒鳴られることもなくなり、伸び伸びしています、
主人は、連れ子も大事にしてやってきたのにひどい女だったと被害者意識でいるんだろうな、、、
主人への執着をどのようにしたら良いのでしょう、

hanaさん

今いるところが暗いからと言って、未来はそうとはかぎりません。

ゆか姐
ゆか姐

姐さんカウンセラーの根本 ゆかです。女帝マインドから見た回答をお話ししております。

好きだけど、うまくいかなくて別れを選択した場合、好きという気持ちは残ってしまいがちなもの。

そしてその相手が今、隣にいないとなれば、寂しさから頭の中にいる相手にどんどん執着し、その気持ちから行動に出てしまうこともあるんだろうと思います。

まずはご自身に視線を戻しませんか?

ご相談文をお読みして、本当によく頑張って来られてたんだなぁと感じました。結婚していた時も、お子さんや家族の世話しながら、生活費を稼ぎ、不妊治療にもトライしていたこと。

並々ならぬ頑張りだと、気づいていらっしゃいますか?

ここだけ見ても、自分の時間はなかなか取れなかったんじゃないかと思います。それなのに、相手はお金も時間も自由に使い、家族を持つことの責任からも逃れているように見え、そのくせ寂しさや仕事のストレスからか、甘える方法が怒鳴るだとか、hanaさんが言いなりにならないと不機嫌になるとなれば、大変辛い時間も長かったんだろうと思うんです。

その怒りはちゃんと吐き出せたのでしょうか?

ゆか姐
ゆか姐

私はお二人の関係がここで繋がっているように見えるんです。

「怒り。」

怒りの感情は、何かをふたしていることが多く、その下の方には寂しさや、自分のニーズなんかも隠れていて、それをhanaさんは「大人だから」「親だから」「連れ子で結婚したから」とたくさんの理由をつけて我慢してきたんだと思うんです。

そして、それをぶつけたい相手こそが、ご主人だったのかなと思います。つまり、ご主人が甘えてきたように、甘え方は違えどhanaさんもご主人に甘えたり、家族に対し、好きに振る舞ったりしたかったんだろうと思うんです。

もちろん家族の世話や、仕事のお給料で家族の喜ぶ顔を見ることも、好きなことに含まれたかもしれない。でも、それ以外のところはどうだったのかな?と思います。

女性として、いち個人として、自分のやりたいことがあったんじゃないかな?って思うんです。

「幸せのために何かを犠牲に差し出す」なんてこと、しなくてよかったら、どんな風に過ごしてみたかったですか?

デートしたり、たまに外食したり、もしくは働かずにおうちの中で家事はやりつつも趣味の世界をもったり。

空想でもいいんです。あり得なくたっていいと思います。

どんな世界を手にしてみたかったんだろうと考えてみて欲しいんです。

そしてそれを、自分を差し出さなくても手に入るんだってこと、実感がなくても思ってみて欲しいなと思います。

今までたくさん頑張ってこられたから、「もっと私を大切にして欲しい」そんな心の中の自分の声に耳を傾けて欲しいなと思うんです。

  • hanaさんはもう頑張らなくてもいいんです。
  • hanaさんは一人ではないんです。
  • hanaさんはそのままでいい、いてくれたらいいって思ってる人がいるんです。 

自分のままでいても、さっき空想した世界がぽこっと入ってくるんです。

でもきっと受け取る時に怖くなるんですよね、このままの自分に明日、目の前に空想した世界が現実として出てきたら。

プリセット2
プリセット2

こんなの受け取れません!!

プリセット3
プリセット3

いりません!!

プリセット2
プリセット2

受け取ったら、何かしなきゃ!!尽くさなきゃ!!

って気持ちになっちゃうんだと思います。

でも、「何にもしない私でも、受けとる価値がある」って思えた時きっとそのタイミングに来た幸せをキャッチできるんだと思うんです。

今はまだ想像できませんよね?そんな未来。

未来ってなんとでも変えられるんです。

その頃には過去も変えられたりもします。

今、hanaさんが見つめるべき人は、hanaさん自身です。

ザワザワしても、全然感情がこまらなくても、

  • 私は、このままでいい。
  • 私は、何もしなくても愛されている。
  • 私は、今のまま幸せになる。

って、唱えてみてください。

朝、昼、晩、だけでなく、息を吸って吐くくらいに言い続けても良いくらいです!

そのくらい頑張りすぎてきた自分が、少しずつ緩んできたら、ゆったり休んでください。

まだ緩んだからと頑張っちゃダメです!

自分は頑張る癖があることも知って、もっともっと周りを信頼してみてください。

味方がたくさんいるんです。hanaさんの周りには。

疲れると見えにくくなるけれど、緩んでくると見えてきます。

その時、緩んだ自分に「この人たちの為!!」とまたムチ打って頑張りたくなるんだけど、グッと堪えて、「これ、お願いしても良い?」って甘えてみてくださいね。

そうやって、たくさんの周りの愛情をもらってからが、幸せな未来への再スタートだと思います。

周りを信頼して、自分を許していく。自分の頑張りを緩めても、幸せでいいんだって思えてくる。そうなったら、きっと今の執着なんて忘れていると思います。

ゆか姐
ゆか姐

今の自分にきちんと「手をかけてあげる」

きっとたくさん人に優しくできるhanaさんなので、自分に優しくする方法はご存知だと思います。

傷ついて、頑張って頑張って頑張ってきた、女性にhanaさんならどんな言葉をかけて、どんな食事と、どんな時間をあげたいですか?

それをしっかり自分にしてあげてください。

まずは自分です。自分を大切にすること。本当に頑張ってきた自分を大切に大切にしてあげてくださいね!

ゆか姐に自分の悩みを聞いてほしい!
他の悩みも見てみたい!
こちらの記事についてのご質問ご感想についてはこちらから

お問合せ

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
記事URLをコピーしました