「誰かと話したくなったらそっと開く本」e-book発売中!
ココロノマルシェ

【ココロノマルシェ】フリーランスです。別のクライアントやフリーの先輩と繋がりたいけれど…

yukanee

ココロノマルシェに寄せられたご相談

こんにちは。いつもあさるようにして読ませていただいています。

私は結婚、出産後にフリーライターになりました。ありがたいことに、それ以前からずっと続けている月間の仕事を育休後も変わらず任せてもらい、大きい仕事も年1本任せてもらっていました。「赤ちゃん」「子育て」といった主に5歳までの分野に特化してきました。
ただコロナ禍もありどの出版社も軒並み雑誌を縮小しております。
そのことと、子どもたちが自分で少しずつ手を離れてきたこと、また、夫が無理して頑張り続けていた仕事から転職するようにすすめ、その結果転職。夫の健康やゆとりはできたけれど収入は激減、そんなことも重なり、「もっと色々な媒体で仕事をしたい!」「同じフリーランスの先輩にもっともっと学びたい!」「自分の持っている力で役立って、お金をいただきたい!」という思いが大きくなりました。

しかし、他社に「私はこういう仕事をしてきました。そして、こう言うことを大事に考えております。こちらの雑誌(web)でのこういう発信に毎回感じ入るものがあり、また、多くの反響もあることから、ぜひ機会があればこちらでも取材、記事を書かせていただきたいです」と言うことが言えません。。
また、同じ雑誌を担当しているにもかかわらず、先輩(70歳前後、母親ほどの年齢)のフリーランスの方や、10歳ほど上のフリーランスの方に「学びたいんです。学ばせてください」と言うことができません。「フリーランスなんて頼るもんじゃない、自分でとってくるものよ!」と言われるのではないかとも…(業界的(年齢的)にそういう風潮があるようにも感じています)。

あとは「何かあったら声をかけてください」と言うのも恥ずかしかったり、
(「やめちまえ!」と言われるかもしれませんが)、いつ何時発注が来ても、「夜中までやって答えます!」という気概まではなく、あくまで家族と自分の健康が第一。仕事はそれ以外の時間の中で精一杯答えます、と言う思いです。(独身時代はこの業界は、0時過ぎ帰りが当たり前、私もそれが当たり前でやり続けてきましたが、今は無理です)

やる気はあるけれど、一歩が踏み出せない。
目をつむって「怖いけど突破しろ!!」と若い頃はやってきましたが、これからもこの世界で伝える仕事をしていきたいと考えると、怖くて足が出なくなってしまいます。

フリーランスのご相談では「集客」の視点で語られることが多いのですが、
私のような形態についても、考え方のアドバイスを頂けたらありがたいです。
どうかヒントを頂けますようよろしくお願いいたします。

海と空さん

過去の価値観から変化していませんか?

ゆか姐
ゆか姐

姐さんカウンセラーの根本 ゆかです。女帝マインドから見た回答をお話ししております。

ご相談をお送りいただき、ありがとうございます。

責任感が強い方なんだなぁと読ませていただきました。夫の転職、そしてご自身の育児と仕事の時間のバランスの変化などから、「もっとお仕事をした方がいいのでは?」と考えられたんですね。

海と空さんは、誰かを背負うということを長くされてきた方なのでしょうか?ご兄弟はいらっしゃいますか?実は上の兄弟がいたけど、なんとなく親からの頼まれごとは自分に来ることが多かったなどありますか?

フリーランスになる前の独身時代の働き方も0時過ぎ帰りが当たり前と書かれていましたが、その頃も「私がやらなくちゃ!」という気持ちで仕事に取り組まれていましたか?

海と空さんが今背負おうとしている過去のパターンを手放し、今大事にしたい価値観に馴染んでいくことを大事にしませんか?

「一人で頑張るを手放す」をタイミングかもしれません。

仕事について、夫の収入の激減があれば「私が頑張らないと!」と思ってしまうのかもしれませんが、この問題を仕事を頑張るためにどうすればいいか?という面を見るのか、

もしくは独身時代から日付が変わるくらいまで頑張って仕事をし続けることが当たり前、夫も無理して頑張る仕事をしていたというところから、共通してみえてくるテーマとして「自分一人で頑張ってなんとかする」ということを手放すという視点から見るかで、この状況って捉え方が大きく変わると思うんですね。

仕事をもっと頑張るために「私がこうすればいいということはわかっているけどやりたくない」という気持ちが今回、海と空さんの気持ちなのかなって思うんです。

でもそれではダメだ!と思っているからこそ、「これをどうクリアしていくか?」という視点で今回ご相談をいただいたと思うのですが、この問題を「どう頑張るか?」ではなく「どう頑張ることを手放すか?」で見ていくことで、今までやってきた方法ではなく、また別の第3の答えを見つけていくということができるのでは?と思います。

自分の優先順位が変わっていませんか?

今回のご相談内容を読ませていただいていると、「この先の不安」ということを感じていらっしゃるのかなと思います。

  • 他の媒体での活躍の場を広げていくこと
  • 同じフリーランスの先輩から学んでいくこと
  • 自分の持っている力を役に立てること

この「こうしたい!」の背後には「お金の問題を解消したい」という気持ちがあるのではないでしょうか?

夫の激務が転職によって解消されたのはいいけれど、今度はお金の問題が出てくるんじゃないか?これから子供の分もお金がかかってくるのに、このままじゃいけない。夫はやっと激務から解放されたから、次に頑張るのは私!

そうお考えかもしれません。

でも、海と空さんは結婚し子育てをする時間の中で「怖いけど突破しろ精神で頑張ってなんとかする」という「自分の中で仕事に対する重要性が高いからこそ、ここを大事にしたい。ここで成長したい。」という気持ちから、「まずは家族と自分の健康第一」という優先度が変わったのではないでしょうか?

だとすると、ここで成長していきたいという気持ちももしかすると、子育てを通じて家族の時間の中での成長意欲に変わっているのかもしれません。

お金は欲しい、だから今までのように、ここで私が仕事を頑張ればお金の問題は解決するかも!という気持ちから、ここで頑張る理由を自分のこれまでのように「仕事を通じて自分を成長させていく」という観点から描いてみたけれど、今の自分にフィットしていないからなんとなく今ひとつやる気につながらないという状態なのではないでしょうか?

新しい価値観で生きてみる。

今の海と空さんの大事にしたいものって「家族と自分の健康」なんですよね。

だからここを超えてまで何かをしたいという気持ちにならないという状況は、ある意味そうなる理由があってそうなっているという状況なのかもしれません。

ということはまず、今大事にしているものを自分で意識的に大事にしながら過ごすということに今は集中する時間なのかもしれません。

過去のパターンを使って、まず自分が頑張らないと!夫を当てにできないんだから次は私!というのではなく、今ある大事にしたいものについて、どう大事にしたいのか、どんなことが自分にとっての幸せなのかを、今改めて感じてみてください。

家族と自分の健康を大事にするって具体的にどんな生活をすることなのか、仕事や夫との関係、子供との時間の取り方など、いろんなことを具体的に見つめてみませんか?

こんな風に生きてみたい!その理想をまず具体的に描いてみて、その中で仕事と自分の関係性もカウセラーと一緒に見つめていくこともできるのではないか?と思います。

よかったら参考にしてみてくださいね。

こちらのHPのお問い合わせフォームまたは下記の公式LINEでも感想をお待ちしております。

ゆか姐
ゆか姐

過去、仕事を優先し、責任感も強く遅くまで頑張ってこられてきた方は、その形での自分の成功例があるので、何かあったとき、過去の成功例のまま頑張ろうと思うのは自然と浮かぶことだと思います。ただ、今の自分がその頃の自分とは違うものを大切にし始めていれば、前はできたことも今やろうとしてもなんとなく力が入らないなと感じることもまた、あなたの気持ちの1つなんだと思うんです。自分の気持ちにまず耳を傾けるように寄り添っていく中で、新しい自分の生き方もみえてくるのではないでしょうか?

ゆか姐に自分の悩みを聞いてほしい!
他の悩みも見てみたい!
こちらについてのご質問ご感想はこちら

お問合せ

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
記事URLをコピーしました